AWOい読書日記

ミステリやら漫画やらの感想置場。煮詰めすぎないよう頑張って更新します。

昼間のうちに日記を更新するとあとは気が楽になるが逆に気楽だから日中に更新できるのか

 タイトル回収が好きなのでこのAWOい読書日記でも最後の記事は「AWOい読書日記」というタイトルにする予定なんですけど、昨日何も考えずに「読書日記」なんて記事名にしちゃいました。「AWOい」がないだけマシではあるんですがもうちょっと重要な(重要とは)記事で使いたかったです。

「最終回じゃないぞよ。もうちっとだけ続くんじゃ」ということで。


 今朝はサークルの買い出しにも行かず(ごめんなさい)四度寝を決めた僕ですが、四回の睡眠のうち三回は夢を見、うち前二回はそこそこ願望充足に忠実な夢を、最後のではタナトスに忠実な夢を見ました。内容はあまり覚えていないので夢日記は書きません。

 ところで僕の合宿の読書会では「閉ざされた世界」という単語がキーワードだったんですが、夢にもやはり閉ざされた世界の雰囲気を感じますね。どんな内容のであれそうです。他の人もそうなんでしょうかね。読書会で挙げた、閉ざされた世界を感じさせる作品群の中にも夢を舞台にしたものがいくつかあり、この問題は今後追究していくことになりそうです。


 YouTubeでサビが「波乗りジョニー」と似ている「セイレンED 桃乃今日子編「恋のセオリー」」を見ていてふとサザンのプロモーションのことを考えてしまいました。僕はこの六年間はファンとしてサザン・桑田の動向をしかと注意して見守っているのですが、毎度毎度メディアの露出が多いけれどもベクトルの方向を間違えてるんじゃないだろうかと感じます。動画サイトで音楽番組の動画やテレビCMといった「よく見つけたな」という細かい動画まで削除するくせに公式動画が全然充実していないことにまず不満。次に最近のMVのつまらなさ・クソ加減はつらいです。今更桑田さんの曲が売れてほしいとは思いませんがもう少しファンのことは考えてもらいたいですね。


 ここ二か月ほどの間に僕の好きな本に怒りを覚えた人間を三人ほど見かけ、それ自体は別に構わないのですが、それでは自分に腹が立つほど嫌いだというほどの本があるのかと考えてみました。もちろんつまらない本、気色の悪いと感じた本、技術的に下手だとしか言いようのない本はいくつもあり、いらっとすることはありますが、それでもあの三人ほどの怒りを覚えたことはない気がします。ただそれらの本に対して僕が「いらっと」した不快の総量は彼らの怒りと同等の量がある気もするので、体質の違いなんですかね、これは。


 今年の桜の開花は随分と遅いような気がします。相変わらず寒いし春が来た気がしません。


この曲の収録されているアルバムがほしいんですが輸入盤はめんどうくさいんですよね。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/29(水) 15:37:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書日記

☆『鉄コミュニケイション(電撃文庫)』1・2 秋山瑞人

 寡作・遅筆で有名な秋山瑞人作品で唯一の未読長編についに手を出してしまいました。「未読の読者がうらやましいです。何故ならこれから楽しむことができるのですから」みたいな売り文句がありますがまさにこれです。秋山瑞人を読んだことのない人は幸せです、何故なら渇きを知らないのですから。

 と言っても・その1、僕にはまだ「おれはミサイル」が残されているのですが。

 と言っても・その2、秋山作品は後々まで残しておき、味わって読むべきなのでしょうけど、一度読み始めてしまえば心臓バックバクの展開続きなので早く読み終えたい一心の読書になってしまうのですが。

 まだ胸がいっぱいでまともな感想を書ける気がしないのですが、一つ言えるのは、僕のいくつもあるツボは辿ればその根を同じくしており、以前「感性と理性」だかいうタイトルで挙げた二種類の作品群もたった一つの嗜好・考え方で説明できることが最近解ったものの秋山瑞人だけはどう説明すればいいか解らなかったのですが、僕はちばてつやの少女漫画が好きなのと同様の理由で秋山作品も好きなのだということが今日判明しました。どういうことなのか説明しづらいのでまた思いついた時に書きます。


 夏頃から体調やら精神やら諸々のコンディションが万全の時に『鉄コミュニケイション』を読もうと思っていたのですがなかなか良い機会がなく、それが今日訪れたということなのですけど、充実した一日を過ごせた喜びでいっぱいです。私設図書館で読書、吉田チキンでの夕食。昼食は食べるのを忘れていて、だから読書時は空腹なので手に汗涙血握る怒涛の展開に心臓発作を起こすのではないかとどきどきでした。というのは嘘偽りなくノンフィクションばりに本当のことですが我ながらすっごく可愛いですね。


『クォンタム・ファミリーズ』『銀河ヒッチハイク・ガイド』を購入。


 次は『ゼロ年代SF傑作選』を読むか今日買った本を読むかで迷っています。


 関係ないですが「毎日欠かさず日記を書いている」人に悪人なんていなそうな気がします。たとえ悪役でも「毎日欠かさず日記を書いている」という情報を与えられた途端に良い人に見えてきませんか?


  1. 2017/03/28(火) 21:22:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RIDE ON TIME

 クズ大学生日記を更新することがこのブログの目的ではないので昨日は更新しませんでした。大体クズの生態に関する考察を深めるにしろ、僕以上のクズが身の回りを見渡すだけでもたくさんいるような状態で、中途半端な僕が浅い考察をしても何の価値もないでしょう。


 とは言っても、今日もあまりに私的な出来事があったもののここに書けるようなものではないので書きません。本も珍しく読めなかったから読書の話もできません(秋山瑞人の話はできなくもないけど後日)。では何故更新したのかと言うと、ネタのストックのためです。更新だけして誰も閲覧者がいないうちに下書き状態にして非公開にした記事がありまして、そこに書いたのですが、ここしばらく記事を更新しているのは思考力トレーニングと文章力鍛錬のためです。内容ゼロの駄文でも書くだけ何かが向上している気になるのは錯覚でしょうか。別に錯覚でもいいんですけどね。ネタのストックと言うのは、駄文は駄文でも完全に0ではないので、積み重ねていくうちに自分の中で芽が出て葉が出て花が咲く可能性がある、ということです。という以上の文章はブログを書く人ならば皆大抵はうすぼんやりと意識していることだと思うのでことさら説明する必要もなかったな。


  1. 2017/03/28(火) 01:08:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3月25日


 合宿から帰ってきた。合宿の総括を述べることは三月二五日の日記を書くという行為からは逸脱しているので書かない。

 11時半に起床。風呂にも入らず寝落ちしてたらしい。朝シャワーをしてネットを見て行きたかったうどん屋でカレーうどんを食べこのカレーは一体どうやって作ったのだろうということに頭を巡らせ満腹、帰宅。

 竹本健治『キララ、探偵す。』を読みながらこたつで昼寝。合宿ノートには面白くなりそうな予感とか書いたけどあれは嘘だ。前に読んだ竹本健治の牧場シリーズの学園ミステリがライトミステリ風味で詰まらなかったのでこれもそうなんだろうなと思ったらやはり的中。だから事件内容も頭に入らなかったし真相もへえふーんという感じだしキララは可愛いけどセクサロイドと言う割にそっち方面でさえもが微妙という始末。だから昼寝した。

 昼にたくさん食べたから夜は抜きでもいいだろうと思いながらも身体は正直で仕送りされたイカの缶詰を食べるがそれでも空腹がおさまらないのでコンビニに行ってカレーヌードルを買ってきた。食べた。食べてから気づいたけどカレー二食目。

 虚無の一日。


  1. 2017/03/26(日) 01:44:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月21日

 下宿に戻りました。帰省前に台所のシンクを洗剤でゴシゴシ掃除したんですが、その際泡を放置して下宿を出たものですから昨晩部屋は殺虫剤のようなにおいで充満していました。そのせいで頭痛です。シンクに残って乾燥した洗剤のかすを水でちゃんと流したり、現在も窓を開けて換気しているのですがまだ頭が痛いです。別のことに原因があるのかもしれませんが解らないです。今は実家から送られてくる荷物の受け取りの待機をしているのですが待ち人は来ず。とっととこの部屋を出て——どこに行けばいいんでしょう。


 読書会の準備がまだ終わっていないのでここで書けることはあまりないです。まあ習慣は続けることが大事ですから、ブログを更新しただけでもピューリッツァー賞ものです。

  1. 2017/03/21(火) 10:57:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ